10月20日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.2」を開催します。上映作品は『キス&ハグ』(日本初上映)と『シュガー』(日本初上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2019年1月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.3」を開催します。上映作品は『バッグ・オブ・ハンマーズ』(日本初上映)と『ブレッド&ローズ』(待望の再上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2019年4月7日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.4」を開催します。上映作品は『ニュー・カントリー』と『リリア 4-ever』のルーカス・ムーディソン2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

pikao2008-09-01

昨日の話のついでに、シー&ヒム『Volume One』収録曲のキーを聞き起こしてみた。


01. Sentimental Heart → C
02. Why Do You Let Me Stay Here? → C
03. This Is Not a Test → D
04. Change Is Hard → D
05. I Thought I Saw Your Face Today → G
06. Take It Back → D#
07. I Was Made for You → C
08. You Really Got a Hold on Me → Cスモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズのオリジナルと同じキー)
09. Black Hole → D
10. Got Me → C (中盤からDに転調)
11. I Should Have Known Better → DビートルズのオリジナルのキーはG)
12. Sweet Darlin' → C
13. Swing Low, Sweet Chariot → G# (アカペラによるカヴァー)


ここから読み取れるのは、ズーイー・デシャネルは基本的にはピアノの人だけれど、意外とギターを多用して曲を書いているよ、ということ。例外は「I Thought I Saw Your Face Today」と「Take It Back」だけど、この2曲はライヴだとズーイーがピアノを弾いていることから推測するに、ピアノで書かれたと考えて間違いないはず。「Got Me」なんかはギターで作った雛形をピアノに移行して完成させたんじゃないかな。Cの曲がピアノ/キーボードをフィーチャーしたサウンド・プロダクション、Dの曲がギターをフィーチャーしたそれになっていることからも、マット・ウォードはズーイーのデモをかなり尊重して編曲を行ったことが分かる。