2022年9月3日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.19」を開催します。今回はアメリカ探訪映画の傑作を2本立てでお届け。アメリカのコメディ映画史上に残る名作『ゴー!☆ゴー!アメリカ/我ら放浪族』と、ウディ・ガスリーの自伝を映画化した『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年10月2日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.20」を開催します。今回はアメリカ音楽映画2本立てで、名作『ロックンロール・ハイスクール』を手掛けたアラン・アーカッシュの傑作ロック映画『ゲット・クレイジー』と、ロブ・ライナーの「もうひとつの『スタンド・バイ・ミー』」というべき傑作『フリップト』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない


6月はポーグスのシェイン・マガウアンについての新しいドキュメンタリー映画シェイン 世界が愛する厄介者のうた』(監督はジュリアン・テンプル!)の公開も楽しみだけど、シン・リジィのフィル・ライノットについてのドキュメンタリー映画ソングス・フォー・ホワイル・アイム・アウェイ』のDVD/Blu-Ray発売されるのも忘れないでくれー

アイルランドでたった一人の黒人」だった少年が(後に銅像が建てられるほどの)「アイルランドの英雄」となり、36歳の若さで死去するまでを追った作品で、ミッジ・ユーロ大活躍な内容でもあるので、ニュー・ウェイヴ好きな方も是非。スージー・クアトロとの(ベーシスト同士の)交流も語られる。久しぶりにヒューイ・ルイスの元気な姿も見られて嬉しかった。

詩人としての評価も高かったフィル・ライノットだが、名曲「Jailbreak」の歌詞が変だということは、この映画で指摘されて初めて気が付いた。「今夜 脱獄は決行される/この町のどこかで(Tonight there's gonna be a jailbreak / Somewhere in the town)」って、脱獄(Jailbreak)が行われるのは「どこか」じゃなくて刑務所(Jail)に決まってんだろというツッコミ。確かに!