2022年9月3日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.19」を開催します。今回はアメリカ探訪映画の傑作を2本立てでお届け。アメリカのコメディ映画史上に残る名作『ゴー!☆ゴー!アメリカ/我ら放浪族』と、ウディ・ガスリーの自伝を映画化した『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年10月2日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.20」を開催します。今回はアメリカ音楽映画2本立てで、名作『ロックンロール・ハイスクール』を手掛けたアラン・アーカッシュの傑作ロック映画『ゲット・クレイジー』と、ロブ・ライナーの「もうひとつの『スタンド・バイ・ミー』」というべき傑作『フリップト』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

傑作映画『スージーQ』の日本公開に合わせたかのようにスージー・クアトロの素晴らしいボックスセット『THE ROCK BOX 1973-1979 (THE COMPLETE RECORDINGS)』がリリースされた。タイトルからも分かるように、1973年から1979年にかけてのオリジナル・アルバム全6枚+ライヴ・アルバム1枚を紙ジャケット仕様にて収録(ボーナス・トラックもたっぷり追加)。特筆すべきはDVDで、PVと『トップ・オブ・ザ・ポップス』出演時の映像に加えて、以前に日本のみでVHSが限定リリースされていた1975年の来日公演の模様(『スージー・クアトロ イン・ジャパン1975』)が完全収録されている。DVDで観て初めて気付いたんだが、来日公演の楽屋でスージーアリス・クーパーの「School's Out」を聴いていたんすね。『スージーQ』の中で語られていた彼等の友情を裏付けるかのような素敵な記録映像(ちなみにアリス・クーパーは後にスージーの「Your Mama Won't Like Me」をカヴァーしている)。このDVDだけで3000〜4000円程度の価値はある。というわけで、間違いなく「買い!」な内容です。