2022年9月3日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.19」を開催します。今回はアメリカ探訪映画の傑作を2本立てでお届け。アメリカのコメディ映画史上に残る名作『ゴー!☆ゴー!アメリカ/我ら放浪族』と、ウディ・ガスリーの自伝を映画化した『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年10月2日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.20」を開催します。今回はアメリカ音楽映画2本立てで、名作『ロックンロール・ハイスクール』を手掛けたアラン・アーカッシュの傑作ロック映画『ゲット・クレイジー』と、ロブ・ライナーの「もうひとつの『スタンド・バイ・ミー』」というべき傑作『フリップト』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20220320130832p:plain

チャーリーXCXの新作『Crash』は故人であるソフィーに捧げられたエモーショナルなポップ・アルバムであり、これまでのハイパーポップ路線からの脱却を示しているのは彼女を失った影響もあるように思える。↓のインタビュー動画でチャーリーがソフィーについて語っていて嗚咽してしまう姿は切ないものがあるな…(49分30秒頃〜)。色々と詰め込みがちだった癖が完全に抜けて、前作『How I'm Feeling Now』と同様にコンパクトに仕上がっているのも素晴らしい(全12曲34分!)。