2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』(日本初上映)と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年5月8日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.12」を開催します。今回の上映作品はホリー・ハンターの最高傑作『ミス・ファイヤークラッカー』と、ジェニファー・ジェイソン・リーの最高傑作『ジョージア』。つまりはシスターフッド映画の傑作2本立て!前売チケットはPeatixで販売中です


2021年6月6日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.13」を開催します。今回は名匠ハーバート・ロスの怪作ミュージカル『ペニーズ・フロム・ヘブン』とグレッグ・アラキの最高傑作『スマイリー・フェイス』の2本立てです。2本とも日本初上映! 前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20201206122551j:plain

「インディー映画しんみりしがち問題」ってのは結構あると思っていて、たとえば今年日本で上映された『サポート・ザ・ガールズ』なんかもメイン・ビジュアルから「痛快! ガールズ・エンパワメント・コメディ!」みたいなのを期待していたら肩透かしを食らいませんでした? ヘイリー・ルー・リチャードソンがレジーナ・ホールの誕生日を祝うシーンなんかはアッパーな多幸感に溢れているんだから、結局のところそういう演出の積み重ねができるほど作り手の手腕がないということに尽きると思うんだが。

Happiest Season』も「本当の自分を隠して右往左往するクリスマス・コメディ」の傑作として『クリスマス・イン・コネチカット』というお手本があるんだから、『素晴らしき哉、人生!』にオマージュを捧げる前にまずはそっちにオマージュを捧げろよな。そういうところやぞ。『クリスマス・イン・コネチカット』の主演であるバーバラ・スタンウィックは「(コメディ演技が得意とはいえない)かっこいい女優」の代表格で、『Happiest Season』の主演であるクリステン・スチュワートとも通じるところがあるわけで。ちなみに『クリスマス・イン・コネチカット』のDVDにはドン・シーゲルの監督デビュー作(短編)も映像特典として収録されてるのでそっちも必見です。