2021年8月7日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.14」を開催します。今回はビル・フォーサイス特集ということで、映画『グレゴリーズ・ガール』と『シルビーの帰郷』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年10月24日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.15」を開催します。今回は映画史から黙殺されたフェミニスト西部劇の傑作『サウザンド・ピーシズ・オブ・ゴールド』と、ニール・ジョーダンの最高傑作の一つ『ブッチャー・ボーイ』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20201205230028j:plain

クレア・デュヴァルの長編監督作第2弾となる『Happiest Season』はクリスマス・コメディというアメリカ映画の伝統に則った内容ながらも、意外なほどに弾けておらず「インディー映画」の枠内に留まったしんみりとした仕上がりだった。脇にアリソン・ブリーやオーブリー・プラザといった芸達者を起用しておきながら彼等の変人度が低いのが原因で、自分がゲイリー・マーシャルナンシー・マイヤーズの映画を観過ぎているだけな気もするが、こういう伝統もきちんと受け継いでいってもらいたいところ。クレア・デュヴァルの前作『The Intervention』に続いてティーガン&サラが楽曲提供しているのは良かった。