2021年10月24日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.15」を開催します。今回は映画史から黙殺されたフェミニスト西部劇の傑作『サウザンド・ピーシズ・オブ・ゴールド』と、ニール・ジョーダンの最高傑作の一つ『ブッチャー・ボーイ』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年12月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.16」を開催します。今回は『ユニークライフ』の完結を記念して、ジェニファー・ジェイソン・リーの代表作である『カンザス・シティ』と『ブルックリン最終出口』を2本立てで上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年3月21日(月・祝)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.17」を開催します。今回は『グレゴリーズ・ガール』と『シルビーの帰郷』を上映した「サム・フリークス Vol.14 」に続いて、再びビル・フォーサイスの監督作を2本立てでお届け。彼の長編映画監督デビュー作『ザット・シンキング・フィーリング』と名作『ローカル・ヒーロー/夢に生きた男』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20201123215812j:plain

An Accidental Studio』はジョージ・ハリスンの映画仕事=ハンドメイド・フィルムズ、すなわち70年代末から80年代にかけての英国映画冬の時代に孤軍奮闘していた製作会社の歴史を追ったドキュメンタリー。『ライフ・オブ・ブライアン』から始まって『ナンズ・オン・ザ・ラン』で終わる約10年のヒストリー。「人を助けたいから映画会社をやっているんだ」と他の会社から拒絶された作品を拾い上げていくジョージの優しさには胸を打たれたが、その裏で彼のマネージャーだったデニス・オブライエンが第二のアラン・クレインというべき悪事を働きまくっていたのには皮肉を感じてしまった。人の良さに付け込まれ続ける元ビートルズ。映画の編集にまで口を出してくるデニスに対して、「でもジョージとの友情は壊せないから」と皆が我慢していたのが悪い方向に進んでしまったようだな(その後、ジョージはデニスを訴えている)。モンティ・パイソンとの友情がこの会社の起点となっていることもあって、グレアム・チャップマンを除くパイソンズ全員のインタビューあり。『ウィズネイルと僕』なんかは当然としても、『モナリザ』関連でニール・ジョーダンがインタビューに答えているのが個人的には嬉しかったっす。オライナエ〜。