2024年6月1日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス S」を開催します。今回はお試しリクエスト企画で、以前にサム・フリークスで日本初上映を果たしたアンナ・ボーデン&ライアン・フレックの『シュガー』とマイク・バービグリアの『ドント・シンク・トワイス』を再映いたします。 前売チケットはPeatixで販売中です


2024年7月20日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.28」を開催します。今回は米国文芸映画2本立てということで、ジャック・フィニイの同名短編小説を映画化した『愛の手紙』と、ジョン・バダムの劇場用映画デビュー作である傑作『ザ・ビンゴ・ロング・トラヴェリング・オールスターズ&モーター・キングス』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2024年10月19日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.29」を開催します。今回はジョン・キューザック2本立てということで、彼の長きに渡るキャリアの最高傑作である『やぶれかぶれ一発勝負!!』と、ジョン・キューザック版『インスタント・ファミリー』というべき傑作『マーシャン・チャイルド』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です

過去に開催したサム・フリークスの一覧はこちらです


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました

ローリングストーン ジャパンでリンダ・リンダズにインタビューしました。アルバム『Growing Up』発表時SUMMER SONIC 2022での来日時2024年の来日時です。

2023年5月にシグリッドが初来日公演を果たした際に、ローリングストーン ジャパンでインタビューしました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。

サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

ジョージア』で好きなシーンは数えきれないくらいあるんだけど、ジョージア一家が朝の支度をしながらポーグスの「House Of The Gods」を聴いているところも大好き。選曲の良さも含めて、音楽好きな家族の何気ない日常が多くを語らずに的確に描かれていていると思う。そりゃあ音楽好きなら朝飯食いながらポーグスぐらい聴くよな。

深読みをすると、ポーグスのシェイン・マガウアンはアル中として有名なので、『ジョージア』の主人公のセイディがアル中/薬物中毒であることに引っ掛けての選曲なのかもしれない。映画の冒頭ではエリック・クラプトンの「I Can't Stand It」がかかるけど、彼もアル中/薬物中毒だったわけで。

ポーグスの1991年の日本公演中にヘベレケなシェインが新幹線のホームでブッ倒れる姿を他のメンバーが目撃し、「こいつはもう駄目だ」となってクビになったのは有名な話。当時の横浜でのライヴ映像がフルで残っているけどマジでベロベロだな↓。歌っている姿以上にステージ上を徘徊している姿がヤバい。とはいえ、21世紀のポーグス再結成後のシェインを生で見た時もあんまり回復している印象はなかったぞ。シェインが名曲「Fiesta」のテンポに追いつけなくてバンドの演奏が崩壊しそうになったのを今でも覚えてる。