2020年9月6日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.9」を開催します。今回の裏テーマは「原点回帰」ということで、『ブルックリン最終出口』と共にジェニファー・ジェイソン・リーの黄金期の幕開けを告げた傑作『マイアミ・ブルース』と、本イベント名の由来ともなった青春映画の傑作『サム・フリークス』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20200703150736j:plain

f:id:pikao:20200703151705j:plain

たとえばウイングスの『Band On The Run』はかつてSPEEDもパクったぐらいの名ジャケットだけど、想像力を掻き立てられる余地/余白があると名ジャケットになりやすいってのはあるかもしれない。ビートルズの実質的なラスト・アルバムである『Abbey Road』のジャケットは、4人がスタジオから去っていく姿、つまりバンドの終焉を表しているようにも見えるでしょ?

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81oFpzU4d3L._AC_SL350_.jpg

そしてヒプノシス製作のジャケットはそんな余白の作り方が抜群に上手いと思う。笑顔の家族が謎の黒い物体を鑑賞しているレッド・ツェッペリンの『Presence』とか。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71K2f2-jRLL._AC_SL350_.jpg