2020年9月6日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.9」を開催します。今回の裏テーマは「原点回帰」ということで、『ブルックリン最終出口』と共にジェニファー・ジェイソン・リーの黄金期の幕開けを告げた傑作『マイアミ・ブルース』と、本イベント名の由来ともなった青春映画の傑作『サム・フリークス』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41conVF6GsL._AC_.jpg

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/714av5xXDeL._AC_SL350_.jpg

たとえばマフスはジャケットの平均点が物凄く低いバンドだけど、3rdアルバムの『Happy Birthday To Me』とラスト・アルバムの『No Holiday』のジャケットだけは名盤感ありますよね。実際、自分がマフスを聴き始めたのも『Happy Birthday To Me』のジャケット(とタイトル)に惹かれたのがきっかけだし。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51tkteanGxL._AC_.jpg

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/8137JRUPDnL._AC_SL350_.jpg

ニール・ヤングがテクノをやっている『Trans』は意外と嫌いじゃないアルバムだけど、たとえば『After The Gold Rush』のジャケットの圧倒的な名盤感と比較すれば、いわゆる「名作」じゃないんだな、というのが一見してすぐ分かるわけで。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61RO4bY9wdL._AC_SY350_.jpg

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51VwR4lHwJL._AC_.jpg

N.W.Aの『Niggaz4Life』は『Straight Outta Compton』に負けず劣らずの名作だけど、でもジャケットだけだと『Straight Outta Compton』ような「名盤感」が大いに欠けている、とかそういう感覚ですよ! これが分からない人はたぶん根本的にポップ・ミュージックを聴くのに向いてないんだと思う。