2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

Amazon.co.jp | KIDULTHOOD DVD・ブルーレイ -f:id:pikao:20160530215145j:image

タイムズ・スクエア』からの流れとして「ストリートで生きる子供達」を描いた『Kidulthood』と『子供たちをよろしく』の2本立てという企画を思いついたので、来年3月に開催したい「サム・フリークス Vol.11」は上映権が上手く取得できればこれで行きたい。これが実現した場合、場内BGMはもちろんソウル・アサイラムの「Runaway Train」ですよ(行方不明になっている子供達の写真と名前が次々と映し出されるPVが超有名な名曲)。

あと、カーティス・ハンソンの『The Children Of Times Square』も思いついたが、これは作品自体がそこまで面白くないので。