2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20200318222709j:plain

「『タイムズ・スクエア』と『バディ・ホリー・ストーリー』の2本立てをやりたい」なんて先日書いたけれど、『ゴーストワールド』の元ネタであり元祖『エイス・グレード』かつ元祖『Booksmart』であるところの『マリアンの友だち』と『タイムズ・スクエア』で「ニューヨークを舞台にした少女2人もの映画」の2本立てにするのもいいな。

マリアンの友だち』は後に『明日に向って撃て!』や『スティング』を手掛けることになるジョージ・ロイ・ヒル出世作、そしてヌーヴェルヴァーグからの系譜としてリチャード・レスタービートルズの『ハード・デイズ・ナイト』とリンクする内容で青春映画の超重要作なので再上映する意味は大いにある。しかも『マリアンの友だち』はクリスマス映画でもあるのだから、12月に開催するつもりの「サム・フリークス Vol.10」は『マリアンの友だち』と『タイムズ・スクエア』の2本立てにしていく方向で進めていこうと思います。この2本立てなら『少女ジュリエット』からの流れも上手く作れるし、上映権の取りやすさも含めてかなり現実的なチョイスなんすよね。

f:id:pikao:20200318224147j:plain

f:id:pikao:20200318224027j:plain