2020年8月1日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.8」を開催します。ジョージ・エリオットの名作小説『サイラス・マーナー』を映画化したスティーヴ・マーティン脚本・主演の傑作『パパとマチルダ』と、プラスサイズの女の子が頑張ったり頑張らなかったりするカナダ版『オッス! トン子ちゃん』というべき青春映画の傑作『少女ジュリエット』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年9月6日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.9」を開催します。今回の裏テーマは「原点回帰」ということで、『ブルックリン最終出口』と共にジェニファー・ジェイソン・リーの黄金期の幕開けを告げた傑作『マイアミ・ブルース』と、本イベント名の由来ともなった青春映画の傑作『サム・フリークス』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

https://m.media-amazon.com/images/I/A12JS5sQ-OL._SS400_.jpg
Bloodwitch/I Am Not Okay With This

★★★★★

ノット・オーケイ』の劇中で登場人物のスタンリーが激推ししていたバンドの1stアルバム。実はこれ、ブラーのグレアム・コクソンがこのTVシリーズの為にタチアナ・リチャウドと結成した架空のバンドなのだ。『このサイテーな世界の終わり』にも「Walking All Day」などのフォーキーな佳曲を提供していたグレアムだが、こちらではジーザス&メリー・チェインパスティーシュとしてノイジーかつポップなギター・ロックを嬉々として演奏しているのだった。しかも『このサイテーな世界の終わり』のサントラと違ってこちらは全曲歌もの。ジザメリ流儀ということで3コードの旨味を存分に引き出しつつ、歌の方はタチアナ・リチャウドに比重を置いてガールズ・ポップ風のエッセンスを多めに配合しているのが嬉しい。もちろん、ロネッツの「Be My Baby」のビートで「Just Like Honey」のパロディ(「Fly」)をやることも忘れてはおりません。そういえばジザメリとブラーは1992年に(マイ・ブラッディ・ヴァレンタインダイナソーJr.と共に)「ローラーコースター・ツアー」と銘打って一緒に英国中を回った間柄だったな。傑作です!