2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』(日本初上映)と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年5月8日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.12」を開催します。今回の上映作品はホリー・ハンターの最高傑作『ミス・ファイヤークラッカー』と、ジェニファー・ジェイソン・リーの最高傑作『ジョージア』。つまりはシスターフッド映画の傑作2本立て!前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

早くもシーズン4に突入したNetflixのドキュメンタリー・シリーズ『ヒップホップ・エボリューション』で、マニー・フレッシュがサウス・ヒップホップの最重要人物として大フィーチャーされていたのが嬉しかった。リル・ウェインなんかも彼が手塩にかけて育てたからこそ今があるわけだしねえ。ちなみにマニー・フレッシュのソロ・アルバム『The Mind of Mannie Fresh』はマジの大傑作なのでこの機会にぜひご傾聴を。

あと、リル・ジョンがクランクのスタイルを確立する過程において、彼が若い頃に(スケーターだったこともあって)マイナー・スレットやバッド・ブレインズといったパンクを聴いて育った影響が反映されていることを知れたのも目から鱗だった。確かに彼のひたすら連呼で押し切るスタイルはまさにパンクだな。