2021年10月24日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.15」を開催します。今回は映画史から黙殺されたフェミニスト西部劇の傑作『サウザンド・ピーシズ・オブ・ゴールド』と、ニール・ジョーダンの最高傑作の一つ『ブッチャー・ボーイ』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年12月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.16」を開催します。今回は『ユニークライフ』の完結を記念して、ジェニファー・ジェイソン・リーの代表作である『カンザス・シティ』と『ブルックリン最終出口』を2本立てで上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年3月21日(月・祝)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.17」を開催します。今回は『グレゴリーズ・ガール』と『シルビーの帰郷』を上映した「サム・フリークス Vol.14 」に続いて、再びビル・フォーサイスの監督作を2本立てでお届け。彼の長編映画監督デビュー作『ザット・シンキング・フィーリング』と名作『ローカル・ヒーロー/夢に生きた男』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

若草物語』でジョーとベア教授が結婚することで起きるモヤモヤ感は自分の実人生においてもたまに感じることなのできちんと人と語り合いたい。

どちらも昔からの知り合いで、お似合いの2人だと思っていたカップル(『若草物語』でいえばジョーとローリー)が別れてしまい、片方がいきなりよく知らない(&自分からすると魅力がよく分からない)人と結婚したりしてしまって、「え…」とか「前の人の方が良かったのに…」と密かに思ってしまったことはないかい? もちろん当の本人が幸せならばそれでいいし、それこそが一番重要なのであって、当人達の気持ちを無視したこの身勝手な感情を大っぴらに言うことはないけれど、自分はそういう感覚を味わったことが何度かある。

知り合いじゃなくても、たとえばブロンディのデボラ・ハリーとクリス・スタインが別れてしまって、クリス・スタインが別の若い女優(バーバラ・シクランザ)と結婚して子供まで作った時にはジョーとベア教授の結婚に近い想いを抱いたぞ(デボラ・ハリーとクリス・スタインはその後も親友であり続けているところも『若草物語』と似ている)。もちろん彼等には自分が分かっていない魅力があるんだろうし、それぞれの事情やらタイミングやらもあるから、そのモヤモヤ感も含めて人生なのだと考えるようにはしているんだが、そういう感覚を子供の頃に味あわせてくれたのが『若草物語』だったわけですよ!

だからまあ、そこにオチをつけているグレタ・ガーウィグの『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』は物足りなかったわけだが、こういう作品を誰かが一度は作っておくべきであったとも思う。