2020年9月6日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.9」を開催します。今回の裏テーマは「原点回帰」ということで、『ブルックリン最終出口』と共にジェニファー・ジェイソン・リーの黄金期の幕開けを告げた傑作『マイアミ・ブルース』と、本イベント名の由来ともなった青春映画の傑作『サム・フリークス』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

イントゥ・ザ・スカイ ~気球で未来を変えたふたり~』は「空」に対するこだわりとかフェリシティ・ジョーンズのキャラクター造型とかめっちゃジブリ映画っぽいと思いましたよ(でもジブリ映画に詳しくないし『風の谷のナウシカ』はジブリ映画じゃない)。監督のトム・ハーパーは『The Scouting Book For Boys』よりも『Wild Rose』(日本公開されるらしいすね)よりも絶対にこっちの方がいいです。事実からの大胆な改変、そして映画の最後にフェリシティ・ジョーンズが誰に対して語り掛けているのかを考えると、この映画が今のどういう観客に向けて作られているのかがよく分かる。そして、それは『ビリーブ 未来への大逆転』と同種の勇気をもらえるものなんじゃないかなーと思います。