2019年10月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.6」を開催します。上映作品は児童映画クラシック『若草の祈り』と、文芸映画版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』というべき大傑作『わが青春の輝き』の文芸フェミニスト映画2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年1月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.7」を開催します。『グッド・ライ』『ぼくたちのムッシュ・ラザール 』のフィリップ・ファラルドーが手掛けた児童映画の傑作『本当に僕じゃない!』と、アメリカ版『珈琲時光』かつゾーイ・カザンの最高傑作である『エクスプローディング・ガール』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

カート・コバーンに似ていることで有名常川拓也さんが書かれているように、「サム・フリークス Vol.7」で上映する映画『エクスプローディング・ガール』のタイトルはキュアーの「The Exploding Boy」に対するオマージュ。

このナンバーはシングル「In Between Days」のB面曲であり、監督ブラッドリー・ラスト・グレイの妻であるソー・ヨン・キムの2006年の作品がキュアーの同名曲にオマージュを捧げた『In Between Days』というタイトルだったので、そこからの連想になっているわけです。ちなみに、ソー・ヨン・キムの現時点での最新作『Lovesong(邦題:ラブソングに乾杯)』のタイトルもキュアーの同名曲からの引用。夫婦揃ってキュアーが好きってルーカス&ココ・ムーディソン夫妻みたいだな。というわけで、「サム・フリークス Vol.7」はキュアー好きな方も是非。