2020年5月23日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.8」を開催します。ジョージ・エリオットの名作小説『サイラス・マーナー』を映画化したスティーヴ・マーティン脚本・主演の傑作『パパとマチルダ』と、プラスサイズの女の子が頑張ったり頑張らなかったりするカナダ版『オッス! トン子ちゃん』というべき青春映画の傑作『少女ジュリエット』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない


マレフィセント2』の予告編を劇場で観たら、ドノヴァンの「Season Of The Witch(魔女の季節)」のやたらと壮大なカヴァー・ヴァージョンが使われていて思わず笑ってしまった。『アメリカン・アニマルズ』では「Hurdy Gurdy Man」が、『荒野にて』では「Sailing Homeward」が、『誘拐の掟』では「Atlantis」が効果的に使われていたし、最近の映画でドノヴァンを聴く機会が増えているのは嬉しい限り。ドノヴァンの最高傑作は『Barabajagal』。