2019年10月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.6」を開催します。上映作品は児童映画クラシック『若草の祈り』と、文芸映画版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』というべき大傑作『わが青春の輝き』の文芸フェミニスト映画2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない


マレフィセント2』の予告編を劇場で観たら、ドノヴァンの「Season Of The Witch(魔女の季節)」のやたらと壮大なカヴァー・ヴァージョンが使われていて思わず笑ってしまった。『アメリカン・アニマルズ』では「Hurdy Gurdy Man」が、『荒野にて』では「Sailing Homeward」が、『誘拐の掟』では「Atlantis」が効果的に使われていたし、最近の映画でドノヴァンを聴く機会が増えているのは嬉しい限り。ドノヴァンの最高傑作は『Barabajagal』。