2019年10月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.6」を開催します。上映作品は児童映画クラシック『若草の祈り』と、文芸映画版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』というべき大傑作『わが青春の輝き』の文芸フェミニスト映画2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年1月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.7」を開催します。『グッド・ライ』『ぼくたちのムッシュ・ラザール 』のフィリップ・ファラルドーが手掛けた児童映画の傑作『本当に僕じゃない!』と、アメリカ版『珈琲時光』かつゾーイ・カザンの最高傑作である『エクスプローディング・ガール』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/711wxHE6kBL._SL350_.jpg

SOLEILの新作『LOLLIPOP SIXTEEN』のジャケットはエルヴィス・コステロの『This Year's Model』オマージュで、フランス・ギャルの「Zozoi」のカヴァーがあって、(フランス・ギャルの「ジャズる心」に引っ掛けた)「ファズる心」なんてオリジナル曲があってと、オールディーズ好き中年を狙い撃ちに来てる感があざと過ぎてさすがにキモいな。とはいえ、現在先行配信中の「ハイスクールララバイ」のカヴァーはロッキンなスカ・アレンジで素晴らしい出来なので、これだけはチェックする価値ありと思うっす(でもPVは極東の島国のみに伝わるshort ver.という奇習を踏襲…)。