2020年5月23日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.8」を開催します。ジョージ・エリオットの名作小説『サイラス・マーナー』を映画化したスティーヴ・マーティン脚本・主演の傑作『パパとマチルダ』と、プラスサイズの女の子が頑張ったり頑張らなかったりするカナダ版『オッス! トン子ちゃん』というべき青春映画の傑作『少女ジュリエット』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20190425195340j:plain

わが青春の輝き』がフェミニスト映画クラシックであるというのは広く語られていることだけれども、『若草の祈り』をフェミスト映画としてきちんと評しているものは見たことない気がする(とはいえ、これは評論家連中の児童映画軽視の傾向に問題があると思う)。でも、誰が何と言おうと『若草の祈り』はフェミニスト映画なのだ。なぜなら原作の『鉄道きょうだい』が完全にフェミニスト的な物語だから。この辺りについては『本を読む少女たち―ジョー、アン、メアリーの世界』からの受け売りだけど、この本は文学クラシックとなっている少女小説からフェミニズムを読み解いていく内容で面白いっすよ。