2019年7月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.5」を開催します。上映作品は『まどろみの二コール』(日本初上映)と、『スポットライト 世紀のスクープ』でアカデミー賞作品賞を受賞したトム・マッカーシーの監督デビュー作『ステーション・エージェント』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20190325233159j:plain

サム・フリークス Vol.5」で上映される『まどろみのニコール(Tu Dors Nicole)』は主人公のニコールがケツをボリボリ掻くシーンから始まるのが素晴らしいカナダ産の青春映画の快作。「サム・フリークス Vol.4」との繋がりでいうと、女2に少年1という構図と、根底に「ここではないどこかへ」という切実な想いがあるところが『リリア 4-ever』と相似形なんですよ。映画のトーンは真逆だけど(しかも白黒とカラーという違いもある)。というわけで『リリア 4-ever』からの流れで『まどろみのニコール』も楽しんでもらえると嬉しいです。