2020年5月23日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.8」を開催します。ジョージ・エリオットの名作小説『サイラス・マーナー』を映画化したスティーヴ・マーティン脚本・主演の傑作『パパとマチルダ』と、プラスサイズの女の子が頑張ったり頑張らなかったりするカナダ版『オッス! トン子ちゃん』というべき青春映画の傑作『少女ジュリエット』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20190325233159j:plain

サム・フリークス Vol.5」で上映される『まどろみのニコール(Tu Dors Nicole)』は主人公のニコールがケツをボリボリ掻くシーンから始まるのが素晴らしいカナダ産の青春映画の快作。「サム・フリークス Vol.4」との繋がりでいうと、女2に少年1という構図と、根底に「ここではないどこかへ」という切実な想いがあるところが『リリア 4-ever』と相似形なんですよ。映画のトーンは真逆だけど(しかも白黒とカラーという違いもある)。というわけで『リリア 4-ever』からの流れで『まどろみのニコール』も楽しんでもらえると嬉しいです。