2019年10月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.6」を開催します。上映作品は児童映画クラシック『若草の祈り』と、文芸映画版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』というべき大傑作『わが青春の輝き』の文芸フェミニスト映画2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年1月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.7」を開催します。『グッド・ライ』『ぼくたちのムッシュ・ラザール 』のフィリップ・ファラルドーが手掛けた児童映画の傑作『本当に僕じゃない!』と、アメリカ版『珈琲時光』かつゾーイ・カザンの最高傑作である『エクスプローディング・ガール』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20190128001308j:plain
METEOR & CHIN-HURTZ/喰う寝る飲む出す

 

★★★★

 

世界のヒップホップ史上に残る超名盤『DIAMOND』のラストを飾る名曲「大冒険」でタッグを組んだメテオとチンハーツがデュオとしてアルバムを発表! 昨年の青い果実としてのアルバムと比べると、トラップなども取り込んだ比較的オーソドックスなヒップホップ・サウンドになってはいるんだが、それ故にメテオのラップの異常な力の抜け具合が際立つ。これはNIPPSすらをも超えた前人未到の領域に到達しているのではないだろうか。ほとんど悟りの境地(ど真ん中ラジオでのトークによると、1曲30分程度でリリックを書いているらしい)。しかも、相変わらず回転寿司やサウナ、お菓子などについて語りながら、「悪霊退治」シリーズでストーリーテラーとしての魅力も発揮、そして人生の機微を感じさせるリリックもありで、意外とメテオのキャリアの集大成的な内容。彼をしっかりと支えるチンハーツのタイトなラップも素晴らしい。富士そばカレーかつ丼のヤバさを語る「ピースYO!」は名曲でしょう。そして、杉山の話の顛末を知りたい人は「悪霊退治レディオ(番外編)」を聴くべし。

 

全く何の関連性もないが、レモンヘッズの『Car Button Cloth』と同じ地平に立っている傑作だと思います。

 

ゴーストバスターズまんが道