2019年1月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.3」を開催します。上映作品はブライアン・クラーノの『バッグ・オブ・ハンマーズ』(日本初上映)とケン・ローチの『ブレッド&ローズ』(待望の再上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2019年4月7日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.4」を開催します。上映作品は『ニュー・カントリー』と『リリア 4-ever』のルーカス・ムーディソン2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

たとえばケン・ローチの『天使の分け前』に対して「主人公達が最後にやっていることはけっきょく犯罪じゃないか!」という批判があったりしたが、そういうことでもしないと搾取され続けるだけで、道を切り開いていくことができない社会のシステムの方が間違っているのだという主張がケン・ローチヒューマニズムの根幹にはある。つまり「根本的に何が人を苦しめているのか」という視点だ。『ブレッド&ローズ』を観るとそのことが非常によく分かる。『レイニング・ストーンズ』の最後で主人公が罪に問われない(神父ですら彼を許す)のもそれ故なのだ。