2019年10月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.6」を開催します。上映作品は児童映画クラシック『若草の祈り』と、文芸映画版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』というべき大傑作『わが青春の輝き』の文芸フェミニスト映画2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20190102012850j:plain

サム・フリークス Vol.3」でケン・ローチの『ブレッド&ローズ』を上映するので思い出した。今年のトーキョー ノーザンライツ フェスティバルで上映される『イート・スリープ・ダイ』はタイトルやポスターのビジュアルだけだとスラッカー・コメディみたいな印象を受けるかもしれないけど、実際はスウェーデンの移民労働者のどん詰まりな状況と悲哀を描いたケン・ローチの『ブレッド&ローズ』や『マイ・ネーム・イズ・ジョー』みたいな映画っすよ(そんなに面白くないのでオススメはしませんが)。タイトルの意味はジャムの「Smithers-Jones」みたいな感じをイメージしていただければいいかと。