2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20181218132959j:plain
トニー賞の特別賞を受賞したブルース・スプリングスティーンのブロードウェイ公演を記録したNetflix作品『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』は、彼のストーリーテリングの巧みさを堪能できる素晴らしい舞台なんだが(自伝本をベースにした公演という点でもレイ・デイヴィスの『Storyteller』に近いといえば近い)、どうしてNetflixは歌の歌詞に日本語字幕を付けてくれないんだー。語りと歌がシームレスに繋がっているところにこの舞台の醍醐味があるというのに。どうしてIMDbでの評価が異常に高いのかというと、まさにそういうところに理由があるわけで。せめて曲のタイトルだけでも表示してくれー。