2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』(日本初上映)と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年5月8日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.12」を開催します。今回の上映作品はホリー・ハンターの最高傑作『ミス・ファイヤークラッカー』と、ジェニファー・ジェイソン・リーの最高傑作『ジョージア』。つまりはシスターフッド映画の傑作2本立て!前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

pikao2016-08-11

映画『Punk's Dead: SLC Punk 2(監督:ジェームズ・メレンディノ)観賞。★★★


ソニック・ユースのサーストン・ムーアも「歴代パンク・ロック映画ベスト10」の一本として挙げていた『SLC PUNK!!!』の18年ぶりの続編で、今回はヘロイン・ボブの息子がドワーヴススクリーチング・ウィーゼルなどが出演するパンク・コンサートを観に行くというロード・ムービー仕立ての内容。予告編から(『Showgirls 2』のような)最悪の代物であることも覚悟していたんだが、意外と悪くない。というか、ドワーヴスにスクリーチング・ウィーゼルというチョイスからして、作り手の相変わらずの(まがい物でない)本気のパンク愛が感じられるってなもんじゃないか。前作で主演を務めたマシュー・リラードは不参加なものの、ジェームズ・デュヴァルにデヴォン・サワという90年代半ば〜2000年前後のアメリカの青春映画を代表するアイコンが再び顔を揃えているのも嬉しい。そして『Beyond The Lights』に続いてマシン・ガン・ケリーがここでも大活躍。彼の存在のおかげもあって、単なる同窓会に終わらずに次世代にバトンを渡すことはできているんじゃないかな。



ドワーヴスって途中で(ディー・ディー・ラモーン的な感じで)なぜかヒップホップにまで手を広げたりしていたので、気鋭のラッパーであるマシン・ガン・ケリーとの組み合わせも納得。ロベルト吉野お気に入りバンドでもある


IMDbの該当ページ