2020年9月6日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.9」を開催します。今回の裏テーマは「原点回帰」ということで、『ブルックリン最終出口』と共にジェニファー・ジェイソン・リーの黄金期の幕開けを告げた傑作『マイアミ・ブルース』と、本イベント名の由来ともなった青春映画の傑作『サム・フリークス』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

pikao2015-06-09
映画『靴職人と魔法のミシン(監督:トム・マッカーシー)観賞。★★★


サンチャマの久しぶりの日本公開作は擬似家族映画の帝王ことトム・マッカーシーが監督&脚本。とはいえ、今回は疑似家族映画ではないし、『俺のムスコ』のように新しい血を導入して「いつものアダム・サンドラー映画」を更新しようとしているわけでもないし、「ファンタジックなヒューマン・コメディ」にしては話も妙に血なまぐさいしで、どうにも中途半端な印象が…と思っていたら、こういう映画だったのか! まあ、失敗作は失敗作なんだが、トム・マッカーシーの「俺だってたまにはこっちのジャンルの映画を撮りてえんだよ!」という魂の叫びが聞こえてくるようではある。




IMDbの該当ページ