2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』(日本初上映)と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年5月8日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.12」を開催します。今回の上映作品はホリー・ハンターの最高傑作『ミス・ファイヤークラッカー』と、ジェニファー・ジェイソン・リーの最高傑作『ジョージア』。つまりはシスターフッド映画の傑作2本立て!前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

今更ながらに2010年代前半のベストアルバムを選んでみた(順不同)。他の方は10選とか50選とかでやってるけど、おいらは枚数を絞って5選で。選ぶ上で重要視したのは、たとえばビートルズの諸作がそうであるように、時代性と普遍性のバランス。おいらはレジーナ・スペクターのアルバムでは最新作の『What We Saw From The Cheap Seats』が一番好きなんだけど、でもあのアルバムが2012年という時代性を象徴している作品かというとそういうわけではないわけで(つまり作品が「普遍性」に寄りすぎている)。彼女のアルバムの中で最も時代性と普遍性のバランスがとれている作品となると、やはり2006年の『Begin To Hope』ということになるでしょ。そんな感じの基準で以下の5枚を選んでみました。



She & Him/Volume Two


Take That/Progress


Icona Pop/This Is... Icona Pop


Miley Cyrus/Bangerz


Die Antwoord/Donker Mag



マイリー・サイラスの『Bangerz』は購入したのが2014年に入ってからだったので、リアルタイムで感想を書けなくて残念だったなー。でも『Miley Cyrus Bangerz Tour』のところで書いたように、サウス・ヒップホップのマナーでアイドル・ポップを奏でた傑作だと思います。あとはテイク・ザットの『Progress』はカイリー・ミノーグの『Aphrodite』なんかも含めたスチュアート・プライス仕事を代表しての選出という側面もあったり、シー&ヒムの『Volume Two』はメーガン・ワシントンの諸作やケイト・ナッシュの『My Best Friend Is You』などの21世紀のブリル・ビルディング風ポップ・アルバムを代表しての選出だったりとか、そんな感じっす。