2020年8月1日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.8」を開催します。ジョージ・エリオットの名作小説『サイラス・マーナー』を映画化したスティーヴ・マーティン脚本・主演の傑作『パパとマチルダ』と、プラスサイズの女の子が頑張ったり頑張らなかったりするカナダ版『オッス! トン子ちゃん』というべき青春映画の傑作『少女ジュリエット』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年9月6日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.9」を開催します。今回の裏テーマは「原点回帰」ということで、『ブルックリン最終出口』と共にジェニファー・ジェイソン・リーの黄金期の幕開けを告げた傑作『マイアミ・ブルース』と、本イベント名の由来ともなった青春映画の傑作『サム・フリークス』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない


K.Flay/Life As A Dog


★★★★★


映画『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』や『ニード・フォー・スピード ライバルズ』に楽曲提供をしたりしていたにも関わらず、RCAレコーズとの契約が打ち切られて足掛け2年に渡ってレコーディングが続けられていたアルバムがお蔵入りになってしまったKフレイ。とはいえ、そこから一念発起してこうやって自主制作で待望の1stフル・アルバムを再びゼロから完成させたのだから、まさに「Don't Let It Bring You Down(そんなことでクジけてんじゃねえぞ)」を地で行くタフネスを見せつけてくれたのだった。アルバム・タイトルからしラッセ・ハルストレムの映画『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』へのオマージュだし、「“不幸”を決して“不幸”として受け止めない」という彼女の姿勢がよく表れていると思う。


Kフレイという人はディジー・ラスカルから多大な影響を受けているラッパーとしての側面と、リズ・フェアの「Fuck & Run」をカヴァーしてしまうようなオーセンティックなシンガー・ソングライターとしての側面があるわけだが、前述のような紆余曲折をたどった本作は彼女の後者の側面が強く出た内省的なアルバムとなった。ただし、ビートはあくまでも最先端の自家製ヒップホップなのがポイントで、そういう意味ではたとえばストリーツM.I.A.の諸作などと同様に、21世紀における正統なシンガー・ソングライター像の一つの雛形を示している作品といえるのではないだろうか。全11曲44分。





↑Kフレイによるベック「Devil's Haircut」のカヴァー。これは彼女の方向性がすごく分かりやすい形で表現されていると思う。