2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』(日本初上映)と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

ルーカス・ムーディソンこのインタビューでも語っているように、今の社会において「他人から好かれること」「他人から認められること」が過度に重要視されているのはとても悲しいし、とても危険なことだと思う。『ウィ・アー・ザ・ベスト!』が素晴らしいのは、「自分が自分であることを誇る」ということが描かれているのに加えて、「他人(もっと言えば『つまらない奴等』)から好かれなくたって別に構わないんだ」というところまできちんと描いているからだ。先述のインタビューでは「The Joy Of Being Booed」という言葉を使っているけど、「他人から好かれなかったとしても、それはそれで面白いじゃんかよ!」ってことだ。その反骨精神、そのタフネスこそが生きていく上での希望なんだよ!*1


そんなルーカス・ムーディソンが(今の)マイリー・サイラスを支持しているのはすごく納得できるっつうか、今のマイリー・サイラスに対して「下品だ」と言って非難している(つもりになっている)奴等のつまらなさな。下品を意図しているものに対して「下品だ」と言ってもそれは貶していることにならないんだっつうの。


*1:全然関係ないけど、おいらがダイ・アントワードのことを好きなのもそういった理由によるものだ。