2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない




日本でも有数のマフス度を誇るバンド、THE NITECAPSが北海道からはるばる横浜までライヴをしに来たので観に行ってきた。





このバンドのVo&GのERIさんはキム・シャタックを敬愛するあまり、キムと同型のグレッチ・ビーストを弾いてるってだけでどれだけでマフス愛があるか分かるというもの。


今回のライヴでは音合わせも兼ねてジョーン・ジェットの「Bad Reputation」をサクっとカマした時点でおいらの心はがっちり掴まれましたよ。ポップな曲調でキムばりにシャウトするのが嬉しいし、リード・ギタリストが(マフスの影響元である)Xのビリー・ズームばりのギターを弾いているのも良かったなあ。マフスのルーツまで含めてきっちり消化しているのが素晴らしい。今後も2年に1回ぐらいのペースでいいからこっちにライヴしに来て欲しいな。



マフス愛でTHE NITECAPSに匹敵するバンドといえば、キム・シャタックに捧げる「Song For Kim」なんて曲を出したオーストラリアのウェリントンズぐらいか。っていうかウェリントンズとキムがライヴで共演してる動画↓もYouTubeにあるとは!インターネット万歳!




The Wellingtons - Song For Kim