2024年6月1日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス S」を開催します。今回はお試しリクエスト企画で、以前にサム・フリークスで日本初上映を果たしたアンナ・ボーデン&ライアン・フレックの『シュガー』とマイク・バービグリアの『ドント・シンク・トワイス』を再映いたします。 前売チケットはPeatixで販売中です


2024年7月20日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.28」を開催します。今回は米国文芸映画2本立てということで、ジャック・フィニイの同名短編小説を映画化した『愛の手紙』と、ジョン・バダムの劇場用映画デビュー作である傑作『ザ・ビンゴ・ロング・トラヴェリング・オールスターズ&モーター・キングス』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2024年10月19日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.29」を開催します。今回はジョン・キューザック2本立てということで、彼の長きに渡るキャリアの最高傑作である『やぶれかぶれ一発勝負!!』と、ジョン・キューザック版『インスタント・ファミリー』というべき傑作『マーシャン・チャイルド』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です

過去に開催したサム・フリークスの一覧はこちらです


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました

ローリングストーン ジャパンでリンダ・リンダズにインタビューしました。アルバム『Growing Up』発表時SUMMER SONIC 2022での来日時2024年の来日時です。

2023年5月にシグリッドが初来日公演を果たした際に、ローリングストーン ジャパンでインタビューしました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。

サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

映画『恋するポルノグラフィティ(監督:ケヴィン・スミス)観賞。★★★★


『クラークス2』が日本ではCSのみの放送で終わってしまったので、DVDスルーになっただけでも御の字なケヴィン・スミスの新作。原題は『Zack And Miri Make A Porno』。なんとこれ、クラークス』のメイキングのドラマ化なのであった(マジで)。それをこんなウェルメイドなロマンティック・コメディに仕上げてしまうだなんて、ケヴィン・スミスは本当の意味で大人になったんだなあ。もちろんジェイ&サイレント・ボブのジェイことジェイソン・ミューズもきっちり出演しているので、以前からのファンも安心だ(何が?)。おいらにとっては鬼門なセス・ローゲン主演作ではあるものの、『オブザーブ・アンド・レポート』に続いて不快感は覚えず。やはりジャド・アパトー映画は彼を使う時に「下品だけど実はいい奴」というエクスキューズに寄りかかりすぎではないかと改めて思わされたことだった。


モール・ラッツ』におけるウィーザーSusanne」使いに代表されるように、ときおり熱いパワー・ポップを見せつけてくれるケヴィン・スミスだが、本作ではブロンディ「Dreaming」使いが出色で胸キュンもの。しかし、こんな内容の映画なのに乳首も出さないだなんて日和ってんじゃねえっつうの>エリザベス・バンクス。彼女の元ネタであるパーカー・ポージーならきっちり脱いでくれたはずだぞ。




IMDbの該当ページ