2020年8月1日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.8」を開催します。ジョージ・エリオットの名作小説『サイラス・マーナー』を映画化したスティーヴ・マーティン脚本・主演の傑作『パパとマチルダ』と、プラスサイズの女の子が頑張ったり頑張らなかったりするカナダ版『オッス! トン子ちゃん』というべき青春映画の傑作『少女ジュリエット』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年9月6日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.9」を開催します。今回の裏テーマは「原点回帰」ということで、『ブルックリン最終出口』と共にジェニファー・ジェイソン・リーの黄金期の幕開けを告げた傑作『マイアミ・ブルース』と、本イベント名の由来ともなった青春映画の傑作『サム・フリークス』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

映画『プロポジション -血の誓約-(監督:ジョン・ヒルコート 脚本&音楽:ニック・ケイヴ)観賞。★★★★★


ジェシー・ジェームズの暗殺』の予習として、The Texas Chainsaw Suicideさんでも絶賛されていたオージー・ウエスタンを観賞(『ジェシー・ジェームズの暗殺』の音楽はニック・ケイヴが担当しているのだ)。


結果は、観て大正解。『麦の穂を揺らす風』にも通じる「アイルランド人の苦難」を、荒々しい筆遣いで描ききった傑作だった。容赦のない暴力描写と対比させるかのように歌われるアイリッシュ・トラッドの物哀しい旋律が美しい。これがDVDスルーってのは納得いかんぞ。


アイルランド系オーストラリア人であるティム・ロジャース率いるユー・アム・アイの最新作のタイトルが『Convicts(囚人達)』であるということの意味の重さ/強さも、本作を観れば実感できるというものだ。


参考資料:English as a Global Language 〜Australia の場合〜「囚人の流刑地 〜“囚人”とは誰か?何の罪を犯したのか?〜」


IMDbの該当ページ