2019年1月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.3」を開催します。上映作品は『バッグ・オブ・ハンマーズ』(日本初上映)と『ブレッド&ローズ』(待望の再上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2019年4月7日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.4」を開催します。上映作品は『ニュー・カントリー』と『リリア 4-ever』のルーカス・ムーディソン2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない


青山テルマ/HIGHSCHOOL GAL


★★★★★


マイリー・サイラスの『Bangerz』に匹敵する「自己解放アルバム」。前作『10TH DIARY』収録の「一生仲間」や「パンケーキ」などでその片鱗は見せていたが、ここでの青山テルマは徹底的におっぴろげまくり。ギャル賛歌のユーロビート・ナンバー「世界の中心 〜We are the world〜」と、おにぎり賛歌のトラップ・ナンバー「ONIGIRI」を両極として、肩の力を抜いて音楽を楽しみまくる彼女の姿がひたすらに眩しい。しかも、「そばにいるね」の頃のファンが聴いても納得できるであろうポップ・チューンもちゃんとある。「マダバカ」での「JP THE WAVYより私の髪の毛は相当WAVY」という歌詞に象徴的なように、現在のトレンドをきちんと見据えた視点から(ラップの分量を増やしまくって)彼女が影響を受けてきた音楽に対して敬意を表した温故知新な傑作。




「世界の中心 〜We are the world〜」もサウンド自体は往年のユーロビートだけど、ガヤの入れ方は完全にトラップ以降の感覚だ。