2019年4月7日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.4」を開催します。上映作品は『ニュー・カントリー』と『リリア 4-ever』のルーカス・ムーディソン2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない




Daphne & Celeste/Daphne & Celeste Save The World


★★★★★


かつてビートUKを観ていた人達にはお馴染みのダフニィ&セレステが帰ってきた! 1998年結成といえばシュガーベイブス(「Ugly」繋がり)と同期の桜ですよ、あーた。18年ぶりのアルバムとなる本作は、なんとあのマックス・ツンドラが全面プロデュース。とはいえ、彼の持ち味の一つである捻くれたサウンド・メイクは比較的控えめで、むしろ(Perfumeの「ナチュラルに恋して」でパクられたような)彼の人懐っこいポップ・センスが素直に発揮された作品となっている。「ポップの特徴は何よりも無視されていたものを利用することである」と語っていたのはロイ・リキテンスタインだが、取るに足らない物と思われていた大量生産の商品の中から価値を見出すことがポップ・アートの意義であったとするならば、本作は真に正統な「ポップ・アルバム」であるといえよう。ヘレン・ラヴこのアルバムを絶賛しているってのは超納得だわな。傑作。