2019年10月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.6」を開催します。上映作品は児童映画クラシック『若草の祈り』と、文芸映画版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』というべき大傑作『わが青春の輝き』の文芸フェミニスト映画2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年1月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.7」を開催します。『グッド・ライ』『ぼくたちのムッシュ・ラザール 』のフィリップ・ファラルドーが手掛けた児童映画の傑作『本当に僕じゃない!』と、アメリカ版『珈琲時光』かつゾーイ・カザンの最高傑作である『エクスプローディング・ガール』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

マフスの来日公演初日@渋谷TSUTAYA O-WESTに行ってきたぜ!相変わらずのタイトかつ大雑把な演奏で楽しかったー。今回演奏したレア曲は「Your Kiss」と「My Lucky Day」でしたね。「I Get It」ではロニー&キムで1本のマイクを分け合ってビートルズ風にデュエット。というか改めて言うまでもないけど、やっぱりマフスの基本はビートルズなんすよね。もともとは弾き語り曲の「Just A Game」を無理矢理バンド編成で演奏している様は、ビートルズ「Yesterday」でやっていたそれに非常に近いし。そもそも、マフスのほとんどの楽曲にはビートルズに倣ってミドル・エイトのセクションが用意されているではないか!


あと、毎回のことながらマフスのライヴでのアンコールの演奏曲は彼等がその場で決めていっているので、お客さんはもっと気の利いた曲をリクエストした方がいいと思うっすよ。前回の新宿ロフトでの来日公演だっておいらがリクエストしたから「Outer Space」を演奏してくれたわけだし。というわけで、まだまだ日本ツアーは続くので色々期待してます!