2019年10月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.6」を開催します。上映作品は児童映画クラシック『若草の祈り』と、文芸映画版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』というべき大傑作『わが青春の輝き』の文芸フェミニスト映画2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年1月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.7」を開催します。『グッド・ライ』『ぼくたちのムッシュ・ラザール 』のフィリップ・ファラルドーが手掛けた児童映画の傑作『本当に僕じゃない!』と、アメリカ版『珈琲時光』かつゾーイ・カザンの最高傑作である『エクスプローディング・ガール』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない


Calvin Harris/18 Months


★★★★


EDMの世界的な隆盛によって、ライヴアクトとしてよりもDJとして公演を行うことの方が遥かに多くなったカルヴィン・ハリス。本作にはその影響が大きく反映されており、前2作と比較するとカルヴィン本人の歌う曲が大幅に減り、フィーチャリング・ゲストを迎えた曲が大半を占めるようになった。デヴィッド・ゲッタ路線といってしまえばそれまでだが、要するにDJユースという観点からすると、「声色の多さ」=「フックの多さ」という考えになるのだと思う。


もちろん、ロイシン・マーフィーソフィー・エリス・ベクスターの「Off & On」、ディジ―・ラスカルの「Holiday」といった彼の外仕事は以前から大好きだったし、本作収録曲のクオリティの高さも素晴らしいものなんだが、カルヴィン自身も非常に魅力的なヴォーカリストであるだけに、寂しくないといえば嘘になるわな(さむくないかい)。全15曲50分。