10月20日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.2」を開催します。上映作品は『キス&ハグ』(日本初上映)と『シュガー』(日本初上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2019年1月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.3」を開催します。上映作品は『バッグ・オブ・ハンマーズ』(日本初上映)と『ブレッド&ローズ』(待望の再上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2019年4月7日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.4」を開催します。上映作品は『ニュー・カントリー』と『リリア 4-ever』のルーカス・ムーディソン2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

映画『明日へのチケット(監督:エルマンノ・オルミアッバス・キアロスタミケン・ローチ)観賞。★★★★★


エルマンノ・オルミ監督の妄想ジジイ編★★★アッバス・キアロスタミ監督の意地悪ババア編★★★★程度の出来なんだが、ケン・ローチ監督の3馬鹿トリオ編★★★★★★★★なので、平均して★★★★★とする。


同時公開中の『麦の穂を揺らす風』も傑作だとは思うけれど、市井の人々の暮らしを描き続けてきたケン・ローチの本領が発揮されているのはこちらの方。しかもこれがストーリーテリングのお手本のようなウェルメイド極まりない一品なんだわ。「電車の切符がない!」という、単純だけれども切実なサスペンス。社会的なメッセージを声高に叫ぶわけではないけれど、そこから見えてくるのはヨーロッパ社会の断面。登場人物に対する暖かい愛情とユーモアによって未来への希望が紡ぎ出される結末…。


ジョン・セイルズを映画界のブルース・スプリングスティーンとするならば、ケン・ローチ映画界のビリー・ブラッグであると改めて思ったことだった。本作は国境を越えたコラボレーションなのだから、映画版『Mermaid Avenueとでもいうべき存在だろう。