2020年5月23日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.8」を開催します。ジョージ・エリオットの名作小説『サイラス・マーナー』を映画化したスティーヴ・マーティン脚本・主演の傑作『パパとマチルダ』と、プラスサイズの女の子が頑張ったり頑張らなかったりするカナダ版『オッス! トン子ちゃん』というべき青春映画の傑作『少女ジュリエット』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

ナードマグネットの新作はジュリアナ・ハットフィールドからの影響もあるのではないかという仮説を勝手にブチ上げていきたいです(オマージュというよりは無意識の産物の可能性の方が高いとは思う)。そういえば件の「Cry In The Dark 」が収録されている『Beautiful Creature』も、何故か日本で配信されていない名盤の一つっすね(ジュリアナ・ハットフィールドのシンガー・ソングライター路線の最高傑作の一つ)。中古は安いけど。

ナードマグネットの新作が間もなくリリースされるのでウェリントンズの過去作を聴き返してるんすが、2ndアルバム『For Friends In Far Away Places』のラストを飾る「She Gave Up」ってモロにザ・バンドの「The Weight」だったすね。ウェリントンズとなると、どうしても『Heading North For The Winter』以降のアルバムばかりを聴いてしまうので、今までこんな大ネタに気付かずにいたなんて。

ナードマグネットの新作『透明になったあなたへ』にはウェリントンズ「Song For Kim」の日本語カヴァーが収録されているので、6月12日の発売日までにウェリントンズの楽曲をたっぷり聴いておくと楽しいと思います!

グッド・ヴァイブレーションズ』という店名/レーベル名はもちろんビーチ・ボーイズ同名曲から採られているわけだが、直接的にはトロッグスが1975年にこの曲のカヴァーをリリースした影響が大きいとのこと(アンダートーンズのマイケル・ブラッドリーによる証言。ただし諸説あり)。